相談事例

福岡の方より遺言書に関するご相談

2022年10月04日

Q:司法書士の先生にご質問です。遺言書にない不動産を売りたい。(福岡)

遺言書の取り扱いについて教えてください。福岡市内の病院で闘病していた父が先月亡くなりました。両親の自宅のある福岡市内の斎場で葬式を行い、今は相続手続きを始めるにあたり母と一緒に遺品整理に着手し始めているところです。父は生前、母に手伝ってもらって遺言書を書いていました。母に確認してから遺言書を見つけ出し、家庭裁判所で開封したところ、先日遺言書に書かれていない財産があることがわかりました。それは福岡市郊外にあるさほど大きくはない空き地で、放置されていて雑草が生い茂っており、正直、売れるものなら売ってしまいたいと思っています。遺言書にない財産ですが、相続して売却できますか?(福岡)

A:遺言書に「その他」の項目がないか確認し、記載がない場合は該当不動産について遺産分割協議を行います。

遺言書を書かれる方の中には、相続財産が多すぎて把握しきれないという方も多くいらっしゃいます。そのような方は大抵、“記載のない財産の扱いについて”という項目を設けていらっしゃることが多く、ご相談者様もまずは、遺言書に記載のない財産が見つかった場合といった記載がないかをご確認ください。もちろん一字一句同じである必要はなく、同内容の記載があればそれに従うようにしてください。
同じような文言の記載がない場合は、新たに見つかった財産のみについて相続人全員で遺産分割協議を行って遺産の分割方法について決定します。遺産分割協議書を作成し、
まとまった内容を記載しておきましょう。遺産分割協議書は手書きでもパソコンでも作成可能です。また形式や書式、用紙についての規定はありません。相続人全員で署名、実印で押印し、印鑑登録証明書を準備します。
作成した遺産分割協議書は不動産の登記変更の際に必要となりますので大切に保管しておきましょう。ご相談者様は記載のない空き地について“売却”をご検討されているとのことですが、相続した後すぐに売却するご予定であっても、必ず被相続人から相続人へ名義変更します。

福岡近郊にお住まいの皆さま、ご家族が遺言書を遺していらした場合、その場で開封することはできません。家庭裁判所での検認が必要となり、検認の申し立てに必要な書類を揃える手間がかかります。遺言書を発見した場合は相続手続きの専門家が豊富な知識を持って対応しますのでただちにお問合せください。

福岡プラス相続手続センターでは、福岡のみならず、周辺地域にお住まいの皆様から相続手続きに関するたくさんのご相談をいただいております。
相続手続きは慣れない方にとっては複雑な内容となり、多くの時間を要する手続きになるかと思われます。福岡プラス相続手続センターでは福岡の皆様のご相談に対し、最後まで丁寧に対応させていただきますので、安心してご相談ください。また、福岡プラス相続手続センターでは福岡の地域事情に詳しい相続手続きの専門家が、初回のご相談を無料にてお伺いしております。
福岡の皆様、ならびに福岡で相続手続きができる司法書士および事務所をお探しの皆様にお目にかかれる日をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

福岡の方より相続についてのご相談

2022年09月01日

Q:相続手続きには、出生してから亡くなるまでの全ての戸籍が必要になるのは本当でしょうか?(福岡)

先日、父が亡くなりました。私は福岡市で生まれ育ちましたが、父の生まれは大分県で、仕事の関係で福岡に引っ越し、定年退職後もそのまま福岡に住み続け、福岡で生涯を終えることになりました。

母は5年前に他界しております。兄弟は、私を含めた3人兄弟で全員福岡市内に住んでいます。相続をするにあたり、出生してからの戸籍が必要になることがわかり、同じ九州とはいえ、父の出生地でもある大分県から戸籍を入手する必要があると知り戸惑っています。相続人は私達兄弟以外はいないことが明確だとしても、すべての戸籍は必要になるのでしょうか(福岡)

A.相続手続きには、被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍、また相続人全員の戸籍謄本が必要です。

基本的に相続手続きでは、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本と、相続人全員の戸籍謄本が必要です。多くの種類の戸籍があるため、混同しないよう注意が必要です。

まず、被相続人(今回のご相談ではお父様)の出生から死亡までの戸籍には、以下のことが記録されています。

・誰の間にいつ生まれたのか
・兄弟が何人いるか
・誰と結婚したのか
・子供が何人いるか
・いつ亡くなったか

この戸籍により、被相続人の遺産の相続人が誰にあたるのか明確にすることが可能です。例えば、この取り寄せた戸籍により、隠し子や養子が明らかとなった場合には、この方々も法定相続人に該当するため相続を行う必要があります。

また、戸籍の請求ですが、出生地から亡くなるまでの本籍地が生涯同じ市区町村だった場合にはその役所へ出生から死亡までに戸籍を請求することが可能です。ですが、ご相談者様のお父様が、大分県出身ということですので、出生の戸籍は大分の役所へ請求する必要があります。このように必要な戸籍謄本の管轄が遠方にある場合には、郵便での取り寄せが可能です。それぞれの役所のホームページにて掲載されていますので、ご確認ください。

また被相続人によっては人生の中で複数回転籍をしているため、相続に必要となる戸籍謄本が一か所の役所で揃わないケースも多々見受けられます。そのした場合には、間近の戸籍の内容を読み取り、別の役所へ戸籍の請求をする必要があります。

相続手続きには時間や手間がかかります。特に平日にお仕事をされている方だと、役所や銀行へ問い合わせを行うことが難しいと思います。多くの方は、相続手続きを一生に何度も経験するものではないでしょう。豊富な知識と経験をもつ司法書士がご相談内容に合わせて親切丁寧にご対応いたしますので、まずは初回無料相談にて詳しくお聞かせください。

福岡プラス相続手続センターでは、福岡をはじめ福岡近郊の皆様から相続・遺言書に関するたくさんのご相談をいただいております。
福岡プラス相続手続センターの司法書士ならびにスタッフ一同、福岡の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

福岡の方より相続についてのご相談

2022年08月01日

Q:司法書士の先生に質問です。相続した不動産の名義変更はどのように手続きすればいいですか?(福岡

先日、福岡に住んでいる母が亡くなりました。数年前に父も他界しており兄弟もいないため、相続人にあたるのは息子の私一人かと思います。私は現在福岡には住んでいないのですが、遺産相続した福岡にある母名義の不動産の名義変更をしたいと思っています。しかし、手続きの方法が分からず、どのように進めていいか分かりません。

遺産相続を経験したことがないため、何から手をつければよいか分からず、とても不安です。仕事が忙しく、すぐに手続きを進められそうにないのですが、まずはどのような手続きの流れになるのか教えていただきたいです。(福岡)

 

A.遺産相続した不動産の名義変更手続きの流れについてご説明いたします。

不動産を遺産相続した際の大まかな名義変更手続きの流れをご説明いたします。

被相続人であるお母様の不動産を遺産相続するには、すぐ売却する場合であっても不動産の名義変更手続き(所有権移転の登記)が必要です。名義変更手続きをすることで、第三者に対して主張(対抗)が可能になります。

相続人はご相談者様お一人ということでしたが、もしも他に相続人がいた場合は、まずは相続人全員で話し合う遺産分割協議をしなくてはなりません。遺産分割協議がまとまり、遺産相続の分配内容が決まったとしても、そこで相続手続きが終わるわけではありません。

次に、名義変更申請の際に添付する書類を揃えます。必要な書類は、下記の通りです。

  • 相続関係説明図
  • 法定相続人全員の戸籍謄本
  • 名義変更する不動産の固定資産評価証明書
  • 住民票(被相続人の除票および相続する人の分)
  • 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本

など

必要な書類が揃ったら、登記申請書を作成します。登記申請書を含め、名義変更の申請に必要な書類を法務局に提出したら、名義変更の手続きは完了です。

 

ご自身でお手続きを進める方もいらっしゃいますが、書類集めや書類作りに時間が取れない方や、どのように進めていけばよいか分からないという方は、専門家に依頼することをおすすめいたします。

福岡プラス相続手続センターでは、福岡にお住いの皆様に寄り添い、相続手続きのお手伝いをしております。ご不安なことやご心配なことがございましたら、無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。福岡の相続に詳しい専門家である司法書士の先生が親身になってお伺いさせていただきます。福岡の皆様のご来所を、心よりお待ちしております。

福岡の方より遺言書のご相談

2022年07月01日

Q:父の字で書かれた遺言書は勝手に開封しても良いものなのか、司法書士の先生にお伺いしたいです。(福岡)

司法書士の先生、遺言書のことでご相談させてください。
先日のことですが福岡に住む父が亡くなり、実家で葬式を行いました。その後、家族全員で遺品整理を行っていたところ、「遺言書」と書かれた封筒が発見されました。
父の字であることは間違いないのですが封印がしてあったので、何となく開けずにそのままにしてあります。

福岡の実家で父と一緒に暮らしていた姉は遺言書の中身が気になるらしく、「家族なんだから開けても問題ないでしょう」といって聞きません。このままだと勝手に開けそうな勢いなのですが、本当に問題ないものなのでしょうか?(福岡)

A:お父様の字で書かれた遺言書は、勝手に開封すると5万円以下の過料に処されます。

今回、福岡のご実家で発見された遺言書は遺言者自身で作成する「自筆証書遺言」に該当するもので、開封するためには家庭裁判所の検認手続きを行う必要があります。
この手続きは相続人に対して遺言書の存在と内容を明らかにし、改ざんや偽造等を防ぐことを目的としているため、たとえご家族であったとしても手続きを完了しなければ遺言書を開封することはできません。
遺言書を勝手に開封した場合には5万円以下の過料に処すと民法によって定められていますので、まずは家庭裁判所にて遺言書の検認手続きを行いましょう。
※自筆証書遺言であっても、法務局の保管制度を利用していた場合は検認手続きが不要

遺言書の検認手続きは、遺言者(今回ですとお父様)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。申立書と遺言者の出生から亡くなるまでの全戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本、相続人全員の戸籍謄本等を用意し申立てを行うと、家庭裁判所から検認期日の通知が届きます。申立人は検認期日に再び家庭裁判所を訪れ、遺言書を提出しなければなりませんが、その他の相続人については出席しなくても構いません。
裁判官により遺言書の開封・検認が行われた後は、「検認済証明書」を申請・発行してもらいます。検認済証明書は遺言書の内容を執行するために必要な書類ですので、忘れないように注意しましょう。

福岡プラス相続手続センターでは、福岡をはじめ福岡近郊の皆様から遺言書・相続に関するたくさんのご相談をいただいております。
豊富な知識と経験をもつ司法書士がご相談内容に合わせて親切丁寧にご対応いたしますので、まずは初回無料相談にて詳しくお聞かせください。
福岡プラス相続手続センターの司法書士ならびにスタッフ一同、福岡の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

福岡の方より相続のご相談

2022年06月01日

Q:司法書士の先生にお伺いします。法定相続分の割合が分からず、遺産分割協議が滞っており困っています。(福岡)

先日、実家の福岡で暮らしていた母が亡くなりました。福岡市内の葬儀場で葬儀を執り行い、相続の手続きを進めております。遺品整理もおこないましたが遺言書は見つからず、家族と話し合っているのですが、法定相続分の割合が分からず遺産分割を進められないでいます。相続人についてですが、私の妹が数年前に亡くなっており、その妹の子供が相続人になると伺いました。そのため、相続人は母と私と妹の子供の3人になるかと思いますが、法定相続分はどのような割合で分割されるのでしょうか。司法書士の先生にぜひ教えていただきたいです。(福岡)

 

A:相続順位によって、法定相続分の割合がご確認いただけます。

この度は福岡プラス相続手続センターへご相談いただき誠にありがとうございます。

まずは被相続人の遺産を誰が相続するのか、誰が法定相続人にあたるのか確認します。配偶者であるお父様は必ず相続人となりますが、法定相続分は各相続人の相続順位によって異なります。以下相続順位を基準にして法定相続人を確定させましょう。

 

相続順位の上位にあたる方がいない場合、または既に亡くなられている場合は、次に順位の高い人が法定相続人となります。下記の順位で、上位の相続人が存命している場合、順位が低い方は法定相続人とはなりませんので、ご確認ください。

【法定相続人とその順位】

第一順位:子供や孫(直系卑属)

第二順位:父母(直系尊属)

第三順位:兄弟姉妹(傍系血族)

 

【法定相続分の割合】※下記民法より抜粋

民法第900条(法定相続分)

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一、子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二、配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は三分の一とする。

三、配偶者及び兄弟姉妹が数人あるときは、配偶者の相続分は四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四、子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

 

上記の民法に基づいて、ご相談者様の場合は以下のようになります。

お父様は配偶者ですので1/2、子供であるご相談者様が1/4、妹様のお子様も1/4となります。妹様のお子様が2人以上いる場合には、1/4の財産をそのお子様の人数で割ります。

しかし、必ずこの法定相続分に沿って相続しなければいけないという規則はありません。遺産分割協議では法定相続人全員で話し合っているのであれば、基本的には分割内容を自由に決めることも可能です。

以上が今回の法定相続分となりますが、法定相続分や相続人の割合などは相続によって異なってしまいます。法律の詳しい知識がない状況ですと、ご自身だけでは判断しづらい部分が多いかと思います。相続手続きを進めていく際に何か不明点がある場合には、相続の専門家へご相談されるとスムーズです。

 

お住まいが福岡・福岡近郊の皆様、福岡プラス相続手続センターは今回のように相続手続きを進める中での疑問点はもちろん、相続全般のお困りごとをサポートしております。

福岡プラス相続手続センターでは無料相談を実施しておりますので、福岡にお住まいの方で相続に関するお悩み事がありましたら、ぜひご利用ください。相続の手続きで何かと不安になられるとは思いますが、まずはお気軽に福岡プラス相続手続センターへお問い合わせくださいませ。

1 / 1212345...10...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄「天神」駅から徒歩1分 / 西鉄「福岡(天神)」駅から徒歩4分
東京…東京メトロ銀座線「銀座」駅徒歩4分 / JR山手線「新橋」駅徒歩5分
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩1分

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相続に初めて取り組む方へ

アクセス

  • 福岡
    住所:福岡市中央区天神一丁目
    14-4天神平和ビル2階
  • 東京
    住所:東京都中央区銀座8丁目8番5号 陽栄銀座ビル6階
  • 佐世保
    住所:長崎県佐世保市高砂町4番18号 アボード高砂3階
  • 熊本
    住所:熊本市中央区花畑町4-1太陽生命熊本第2ビル6階
  • 相続勉強会セミナーを開催しませんか?
  • プラス事務所
  • プラスらいふサポート
  • 民事・家族信託専門サイト
  • 採用サイト
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す